有限会社 ランドサーチ

売りたい  不動産のご売却、査定、各種ご相談

有限会社 ランドサーチ

売りたい
不動産のご売却、査定、各種ご相談

HOME | 不動産のご売却、査定、各種ご相談

豊富な仲介実績による
適正な査定・ご提案を行います。

査定不動産の公示価格・事例地・標準地価額を基準として、 売主様にわかりやすく、確かな査定価格をご提案いたします。

豊富な仲介実績による、適正な査定・ご提案を行います。

査定不動産の公示価格・事例地・標準地価額を基準として、売主様にわかりやすく、確かな査定価格をご提案いたします。
有限会社ランドサーチ 宅地・土地のご売却、査定、各種ご相談 有限会社ランドサーチ 中古住宅のご売却、査定、各種ご相談 有限会社ランドサーチ 中古マンンションのご売却、査定、各種ご相談 有限会社ランドサーチ 売りビルのご売却、査定、各種ご相談 有限会社ランドサーチ 工場・倉庫のご売却、査定、各種ご相談 有限会社ランドサーチ 店舗のご売却、査定、各種ご相談 有限会社ランドサーチ 農地・山林のご売却、査定、各種ご相談

宅地、中古住宅、中古マンション、売ビル、工場倉庫、事業用地、売店舗、農地山林等、お客様の大切な財産である不動産。責任をもってしっかりご売却のお手伝いをいたします。お気軽に、ご相談お問合せください。

「データ」+「分析」+「価値を高める」で
“成功・納得できる不動産売買”に導きます

査定価格は、業者により様々です。査定価格が高いからといって、必ず売却できるものではありません。
ランドサーチは、売主様が納得し成功できる査定価格をご提示いたします。

「データ」+「分析」+「価値を高める」で“成功・納得できる不動産売買”に導きます

査定価格は、業者により様々です。査定価格が高いからといって、必ず売却できるものではありません。ランドサーチは、売主様が納得し成功できる査定価格をご提示いたします。
不動産のご売却、査定、各種ご相談・根拠あるデータで価格査定
 

根拠あるデータで価格査定

最新の市場相場や独自のデータ・不動産周辺の取引販売事例や公示価格・路線価などの公的データを根拠に査定いたします。

 
不動産のご売却、査定、各種ご相談・分析データで適正な価格提案
 

分析データで適正な価格提案

独自分析データ等を検証し、売主様のご要望やご希望条件を考慮した上で、最適な査定価格・売却プランをご提案します。

 
不動産のご売却、査定、各種ご相談・納得・成功する不動産売買へ
 

納得・成功する不動産売買へ

ランドサーチは、20年の実績と経験を活かしてお客様の大切な不動産の売買を成功に導きます。

 

不動産の売却可能価格を無料で査定いたします

無料査定は、カンタン60秒で完了!お気軽にご相談ください。

不動産の売却可能価格を無料で査定いたします

無料査定は、カンタン60秒で完了!お気軽にご相談ください。
不動産の売却可能価格を無料で査定いたします

査定希望の物件情報をご入力ください。

不動産の売却可能価格を無料で査定いたします

ご入力に間違えがなければ送信ください。

不動産の売却可能価格を無料で査定いたします

担当者より査定結果等をご報告差し上げます。

ご売却予定の物件情報をご入力下さい

 
*個⼈情報の取り扱いについて
ご提供頂きました、いかなる個人情報も厳正に管理・保管し、当社の活動においてのみ利用し、ご本人の同意なく利用することも、また無断で第三者に提供または共有することもありません。
*プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)していますので情報の送信は安全に行っていただけます。

ご売却予定の物件情報をご入力下さい

*個⼈情報の取り扱いについて

ご提供頂きました、いかなる個人情報も厳正に管理・保管し、当社の活動においてのみ利用し、ご本人の同意なく利用することも、また無断で第三者に提供または共有することもありません。
*プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用(導入)していますので情報の送信は安全に行っていただけます。

売却の流れ

お客様のご納得いただける不動産売買を実現させるために、ランドサーチでは、 不動産売買の疑問や不安を解消し、お客様のパートナーとしてお手伝いをさせていただきます。
 
有限会社 ランドサーチ・売却の流れ

売却の流れ

お客様のご納得いただける不動産売買を実現させるために、ランドサーチでは、不動産売買の疑問や不安を解消し、お客様のパートナーとしてお手伝いをさせていただきます。
 
有限会社 ランドサーチ・売却の流れ

有限会社 ランドサーチ・売却の流れ

有限会社 ランドサーチ・売却の流れ

有限会社 ランドサーチ・売却の流れ

有限会社 ランドサーチ・売却の流れ

有限会社 ランドサーチ・売却の流れ

不動産売買に伴う媒介契約

 
「媒介」とは、宅地建物取引業者が不動産の売買や賃貸借に関して、売主(貸主)と買主(借主)との間に立って、売買契約や賃貸借契約の成立に向けて尽力することを言い、「仲介」とも言われています。
宅地建物取引業者が依頼者との間において、媒介に関する書面を取り交わすことがなかった昭和50年代前半までは、業者と依頼者との間での委任関係が不明確な為、いろいろなトラブルが発生していました。そのため、依頼者と宅地建物取引業者の間で書面による「媒介契約書」を取り交わし、業者として責任を持って依頼者の要望事項を実現させる為に、媒介契約は非常に大切な委任契約なのです。
 

1

一般媒介契約

依頼者は、目的物件の売買・交換、又は賃貸借の媒介、代理を、複数の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができ、また自ら発見した相手方との契約の締結も可能です。
●契約有効期間:3ヶ月以内
●契約可能な業者数:複数社との契約が可能
●業務処理報告義務:任意

2

専任媒介契約

依頼者は、目的物件の売買・交換、又は賃貸借の媒介、代理を、一依頼業者以外に重ねて依頼することが出来ません。依頼者は自ら発見した相手方との契約を締結することが出来ます。
●契約有効期間:3ヶ月以内
●契約可能な業者数:1社のみ
●業務処理報告義務:2週間に1回以上

3

専属専任媒介契約

依頼者は、目的物件の売買・交換、又は賃貸借の媒介、代理を、一依頼業者以外に重ねて依頼することが出来ません。依頼者は自ら発見した相手方との契約を締結することが出来ません。
●契約有効期間:3ヶ月以内
●契約可能な業者数:1社のみ
●業務処理報告義務:1週間に1回以上

不動産売買に伴う媒介契約

「媒介」とは、宅地建物取引業者が不動産の売買や賃貸借に関して、売主(貸主)と買主(借主)との間に立って、売買契約や賃貸借契約の成立に向けて尽力することを言い、「仲介」とも言われています。
宅地建物取引業者が依頼者との間において、媒介に関する書面を取り交わすことがなかった昭和50年代前半までは、業者と依頼者との間での委任関係が不明確な為、いろいろなトラブルが発生していました。そのため、依頼者と宅地建物取引業者の間で書面による「媒介契約書」を取り交わし、業者として責任を持って依頼者の要望事項を実現させる為に、媒介契約は非常に大切な委任契約なのです。
 

1.一般媒介契約

依頼者は、目的物件の売買・交換、又は賃貸借の媒介、代理を、複数の宅地建物取引業者に重ねて依頼することができ、また自ら発見した相手方との契約の締結も可能です。
●契約有効期間:3ヶ月以内
●契約可能な業者数:複数社との契約が可能
●業務処理報告義務:任意

2.専任媒介契約

依頼者は、目的物件の売買・交換、又は賃貸借の媒介、代理を、一依頼業者以外に重ねて依頼することが出来ません。依頼者は自ら発見した相手方との契約を締結することが出来ます。
●契約有効期間:3ヶ月以内
●契約可能な業者数:1社のみ
●業務処理報告義務:2週間に1回以上

3.専属専任媒介契約

依頼者は、目的物件の売買・交換、又は賃貸借の媒介、代理を、一依頼業者以外に重ねて依頼することが出来ません。依頼者は自ら発見した相手方との契約を締結することが出来ません。
●契約有効期間:3ヶ月以内
●契約可能な業者数:1社のみ
●業務処理報告義務:1週間に1回以上

媒介契約はどれを選ぶか?


一般媒介契約は、依頼者にとって一番制約がなく、気軽に依頼できる契約形態です。ただ反面宅地建物取引業者にとってもあまり制約がないことと、他業者にも依頼している為、いつ他で契約が行われるか解らないという点で、あまり本腰の入らない業者もいるでしょう。
専任媒介契約は、一社だけに依頼する委任契約ですが、依頼者本人が見つけた相手先との契約はOKであり、一番依頼者業者双方にとってメリットのある媒介契約と思われますが、現実的には依頼者本人が契約行為を行うことは難しく、専属専任同様になりがちです。
上記同様ですが、専属専任は依頼者自ら発見した買主とも個人間での契約は無理な為、完全に一任する形となります。上記専任契約、そしてこの専属専任契約は指定流通機構への物件登録が義務付けられている為、比較的早期成約が見込めるかもしれません。

有限会社 ランドサーチ・媒介契約はどれを選ぶか?

媒介契約はどれを選ぶか?


一般媒介契約は、依頼者にとって一番制約がなく、気軽に依頼できる契約形態です。ただ反面宅地建物取引業者にとってもあまり制約がないことと、他業者にも依頼している為、いつ他で契約が行われるか解らないという点で、あまり本腰の入らない業者もいるでしょう。
専任媒介契約は、一社だけに依頼する委任契約ですが、依頼者本人が見つけた相手先との契約はOKであり、一番依頼者業者双方にとってメリットのある媒介契約と思われますが、現実的には依頼者本人が契約行為を行うことは難しく、専属専任同様になりがちです。
上記同様ですが、専属専任は依頼者自ら発見した買主とも個人間での契約は無理な為、完全に一任する形となります。上記専任契約、そしてこの専属専任契約は指定流通機構への物件登録が義務付けられている為、比較的早期成約が見込めるかもしれません。

有限会社 ランドサーチ・媒介契約はどれを選ぶか?
有限会社 ランドサーチ・どれを選ぶかは、お客様次第!

どれを選ぶかは、お客様次第!


宅地建物取引業者も千差万別です。書類の取り交わしなど無くても、一生懸命に依頼者の望む物件、或いは顧客探しに汗を流すところもあれば、「専任媒介契約」を取り交わしたにも係わらず、逆にあぐらをかいて...という業者も残念ながらいるのが事実です。
相手業者がどちらなのか?それはお客様自身が判断するしかありません...。
相手業者の方も、お客様である依頼者の人柄を見ていることを忘れないで下さい。いくら「媒介契約なんかなくても一生懸命やるところじゃなきゃダメだ!!」なんて言って強気でいると、良い業者からも嫌われてしまうかもしれません。
相手の人柄を見た上で、きちんと媒介契約を結ぶことは双方にとって安心感につながり、末永い信頼関係を築いてゆく基となるのは事実ですから...。

 

どれを選ぶかは、お客様次第!


宅地建物取引業者も千差万別です。書類の取り交わしなど無くても、一生懸命に依頼者の望む物件、或いは顧客探しに汗を流すところもあれば、「専任媒介契約」を取り交わしたにも係わらず、逆にあぐらをかいて...という業者も残念ながらいるのが事実です。
相手業者がどちらなのか?それはお客様自身が判断するしかありません...。
相手業者の方も、お客様である依頼者の人柄を見ていることを忘れないで下さい。いくら「媒介契約なんかなくても一生懸命やるところじゃなきゃダメだ!!」なんて言って強気でいると、良い業者からも嫌われてしまうかもしれません。
相手の人柄を見た上で、きちんと媒介契約を結ぶことは双方にとって安心感につながり、末永い信頼関係を築いてゆく基となるのは事実ですから...。